当店について

足部反射区療法とは

よく「老いは足から始まる」「疲れは足に出る」「足は第二の心臓」などと言われているように、人の健康と足は重要な関係性があると言われてきました。
江戸時代では宿に宿泊客が訪れると部屋を通す前に入り口で足を洗いながら、その人の足で健康状態をチェックして、
健康状態の悪いお客の宿泊をお断りしていた、という例からしても「足こそ健康の鍵」であることは古今東西多くの学者や医者により唱えられてきております。
今でも手軽な健康法として足踏み竹、ウォーキング、ジョギングなどは根強い人気を得ています。
そんな健康と足裏(正確には膝上10センチから下の部分)の関係をさらに深く探求し、
中医学の「陰陽五行説」の考え方を応用して、人体の生理と病理との密接な関係を理解して、
それぞれの反射区(各器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中個所)に繰り返し刺激を与え、経絡、神経、体液の伝導作用を通じて
人間の体に本来備わっている病気を治す力(自然治癒力)を呼び覚まし、強めるのが足部反射区療法なのです。
薬を必要とせず、副作用もないため、現在病院で治療を受けている人にも安心して行え、また症状が現れる前に病気を察知できることもあります。
そういったことから、足部反射区療法は最良の予防医学と言えるのではないでしょうか。