お知らせ

あしてんDEのほほんの足揉み

ようやく埼玉でも、梅雨らしくなってまいりました。

さて、あしてんDEのほほんの足揉みは本場台湾式の施術が基本となっております。

呉若石神父の「若石健康法」、官有謀先生の「官足法」を経て、日本足躁術研究会の代表者 後藤進一のもとで足躁術士として知識、技術を学び、今に至っています。ですから、当店の足揉み(足つぼ、足裏マッサージともいわれています)は、基本的に「強揉み」となります。ですが、私の施術は強い痛みを伴うことはありません。強く揉みながら、痛みを伴わない施術を心がけています。

足裏には、反射区といって身体全体(臓器、臓腑を含め)の反射されている場所があり、その場所に痛みや汚れ(老廃物など)があると、その部位に何らかの不調があるといわれています。その場所をよく揉み、痛みを和らげることで、その臓器、臓腑を活性化させることを主としています。それと、足を揉むと自律神経のバランスがよくなると言われています。ストレスを和らげ、免疫力を高めることも期待できます。そういったことから、足を揉めば健康な体を維持する(予防医学)、病院では対処しづらい生活習慣病などに驚く効果を期待できます。また、何らかの病気で薬を服用している方でも、足揉みは副作用がないため、並行して行うことが出来ます。

是非一度、当店の本格足揉みをご体験し、施術後の爽快感、効果を実感してください。

00130030.JPG

  • Category:
  • Author:asiten